WEDDING PLANNERS BLOG

みなさんこんにちは
寒い日が続きますがいかがお過ごしでしょうか
そして
今年もあとわずか・・
新型コロナウィルスの蔓延という予測もしなかった事態が起こり
あっという間に1年を過ごしてしまったような気がします

さて
そんなコロナ禍での結婚式
不安を持っていらっしゃる方も多くいらっしゃると思います

今日はそんな中でも
感染症対策や事前準備をちゃんと計画して
挙式を迎えられたお二人のレポートです

会場はこちら

紀尾井町にあるホテル ニューオータニ
今年は大人気ドラマ『半沢直樹』のロケ地でも話題になりました❗️

ホテル ニューオータニと言えば
なんといっても広大な庭園がす素敵過ぎるほど素敵なホテルです
紅葉には少し早かったのですが都内のホテルとは思えない
この緑感🌳🌲

実は
お二人の結婚式、元々は4月に予定をしていました
でもコロナウィルスの感染拡大が深刻化して苦渋の決断をされ11月に延期をされました

きっと諦めかけた時期もあったのではないかと思いますが
お二人はこのコロナ禍でも安全で安心のできる結婚式にするため
試行錯誤して準備を進めてきて当日を迎えたのです

コロナ禍でどのように感染症対策をとりながら
ゲストの皆さんに安心して出席していただき
なおかつ
自分たちの結婚という新たなスタートの日として
どのような振る舞いでこの日を過ごすのか

また
プランナーである私たちにとっても
初めて経験する状況下での結婚式でしたが
実に見事にお二人の想いが形になる結婚式になりました

今回、特に気をつけた事は
やはり飛沫感染防止でした

まずは会場
ご家族やご親族のみのご出席ではありましたが
テーブルの奥行きや隣同士は十分な距離を取りました

そしてテーブル上も装花とうまくデザインの調和を考えて
飛沫飛散防止のボードも違和感なく

テーブル装花の雰囲気を壊すことなく素敵なシールドに

またお二人がホスト役になり
ゲストの皆さんとのお喋りも楽しみましたが
その際も新婦自作のお顔がよく見えるシールドをつけて

これで近くでの会話も不安なく

会場のドアも常に換気の配慮をしていただき
ホテル側の対応もバッチリでした

新郎の後方扉に注目!しっかり開けてあります

このような事態になって
もう結婚式なんて出来ない!と諦めていらっしゃる方
今回のレポートをご覧になられて
少し勇気がわきませんか?

新郎、新婦にとっても
きっと大変な結婚準備になったことでしょう

ただでさえ初めてだらけの事なのに
それでも無事に結婚式を終えることができました

理由はわかっています
それは簡単なようでとても難しいことですが

相手を思いやること
相手を尊重すること
そして
二人が協力すること

きっとコロナ禍でなければ
あまり気にすることがなかったことでも
二人が真剣に考えなくてはいけない事がたくさんあって

だから

それが強い絆になって
こんな状況下を乗り切ったのだと

絆 という言葉の意味
改めて調べてみるととても良い事が書いてありました

きずな(絆)
断とうにも断ち切れない人の結びつき

そんな一面を垣間見る今回の結婚式
コロナ禍が
二人を強くしてくれた
そんな結婚式でした

それと・・
お二人は気がついていなかったのですが
挙式中に虹がかかっていましたよ

虹は幸福のサイン🌈
結婚式の日に虹を掛けるなんて
このパワーを皆さんにもお裾分け❗️

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。