WEDDING PLANNERS BLOG

みなさん、こんにちは

清々しい日が続くようになりました
1年中でも本当に良い季節ですよね🍀

ロケフォトも新緑が芽吹く中で撮影したらとても素敵ですよね✨

さて、今日のトピックスは見積金額について❗️
皆様にもう少し冷静になって見積金額を検討して欲しいと思い注意喚起の内容です💡

私たちへご相談になられるお客さまで
既に会場をお決めになられてから、なんとなく不安が付きまとい
ご相談にお越しになられる方が後を絶ちません

その方々の
最も多いご相談は見積内容についてなんです・・

みなさんに共通するパターンなのですが
今日契約すると大幅な割引や特典が得られるという
一見、すごく魅力的な契約条件契約されているというパターン⤵️
最初からハッキリと申し上げます
例えば100万円の割引に釣られて契約されるお二人ほど
見積書を深く読み込んでいないケースが大半です‼️
さまざまな条件を満たさないと、その割引条件を得られない事に
あとから気がついても、後の祭りです💧

よく考えてみてください‼️
一般的に家電製品だったり、自動車だったり、買い物をするのに
予想を遥かに超えるような大幅な割引を得ることが可能だと思いますか⁉️

皆さんの中には販売や営業に携わる仕事をされている方もいらっしゃると思いますが
会社が、契約を取るのにそれほど大幅な割引をして受注する意味があるとしたら
それは、継続的に利用してもらえる条件があったり、一度に大量に購入する条件があったりと
会社に多大なメリットがなければ普通に考えて
あり得ない話だと思いませんか❓❓

数々の口コミサイトを見れば
自分たちだけが得ているスペシャルな特典ではないことは一目瞭然です❗️

もう1度ハッキリと申し上げます
大幅な割引を提示して、その日のうちに契約を成立させるのは
1つの営業戦略受注方法です
内容も全て把握しないうちに契約してしまうので

 
『話が違う』という方が後を絶ちません❗️❗️❗️

 

話が違っているのではなく
契約内容を良く把握できていないからなのです

 

それから❗️
最初の見学で接客したスタッフと実際準備が始まると
スタッフが入れ替わることが多いのですが
そこから、見積金額は大きく変化していきます
もちろん、見積金額はどんどん増えていくのです

これも、会社の1つの営業戦略です
担当プランナーは、お二人の予算管理をしている訳ではなく
いかに商品を買っていただくかが任務です

これも何らおかしなことではありません
普通の営業行為です

ただ、お二人に知識も経験もない商品だから
金額が膨大に膨らんでいくのです

結婚式という形も無いものを買う
結婚式という買い慣れていないものを買う
結婚式という見比べの出来ないものを買う

そうです

そんなお二人に
結婚式の
営業をすること
販売をすること
決して難しいことではありません
決して対等に商談できる関係では無いという事を
意識して欲しいのです

 

では
私たちWEDDING PLANNERSはどうなのか⁉️

私たちは会場や会社に所属しているプランナーではありません
ですから、会社や会場の利益を考えてプランナーの仕事をしている訳ではありません

お二人の好みイメージ価値観などを踏まえて予算管理を行い
結婚式を作っていきます

その代わり

プロデュース料という会場に依頼するときには掛からない費用が掛かります

ですが、

必ず、言えるのは
お金に対して明朗だという事です

なぜそう言い切れるのか・・

それは
私たちも元々は会社に所属していたプランナーだったからです

当然、みなさんが知り得ない裏事情もたくさん知っているからです

だからこそ
その経験や知識を駆使して
お二人に合った一番良い結婚式を提案できると確信しています

 

WEDDING PLANNERS

info@wedding-planners.jp

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。